海外駐在員 英語 ストレス

海外駐在員などで、英語圏に住んでいる日本人が全員、英語がペラペラかといえば、そんなことはありません。
英語を思うように話せず、ストレスを感じている人も結構います。
日本人の場合、英語を「読む」はできる人は結構多いです。
あと、海外生活に慣れてきたら「書く」「聞く」もずいぶんできるようになる人が多いと思います。
ただ、そんな人でもなかなか上達しないのが「英語を話す」というアウトプット系の能力です。
もちろん、あいさつとか、一文で終わるような簡単な内容なら話せます。
実際、それだけでかなりのことができてしまうので、そこで英語の習得がストップしてしまうというのもあるのかも。
ですが、やっぱり、自分の考えとか、意見とか、筋道立てたこと表現したい場合もありますよね?
でないと英会話にストレスを感じてしまいますね。
仕事で英語を話すのなら、そういうスピーキング力はとても大切です。
スピーキング力の向上には、典型的な基礎例文を反復練習することが大切だと思います。
あとは動詞や名詞などを入れ替えれば、どんな内容でも瞬間的に話せるようになるでしょう。